うつ病の正しい知識を知ろう|疾患者との接し方が分かってくる

治療に適した病院へ通おう

カウンセリング

医師の診察スタイルも大事

年々増加傾向にあるうつ病は、繊細で責任意識が強い人だけでなく、新型うつ病の登場により、自己中心的な人へも広がり始めています。どちらの場合もうつ病との接し方を間違えますと、症状が改善されないばかりか、悪化の一途をたどりますので、専門医での治療が必要でしょう。うつ病治療の専門医は精神科医、ならびに心療内科医になりますので、何れかの病院で診てもらってください。どちらの病院が良いのか迷うこともありますが、現状では両者の垣根はそれほど明確でない場合が多いため、通いやすい方へ訪れて良いのが一般的です。例えば本来は精神科が主体のクリニックでも、その科目では患者が通いにくい点を考慮して、心療内科の看板も掲げているケースが見られます。それとは逆に、患者を広く募るため、心療内科の診療所が精神科も併記する場合もありますので、それほど厳密に分けて考えなくても良いかもしれません。ただし、心の問題によって心へダメージを受けた時は精神科医の下へ行き、心の問題で体へ症状が出た場合は、心療内科医の下へ行くのが基本です。具体的には、無気力や激しい心の落ち込み、および集中力の欠如などは精神疾患の顕著な症例ですから、それらを治療したい時は精神科へ訪れましょう。さらに妄想や幻覚といった症状も精神科医が専門になるため、採血や放射線検査では識別できない症状がおありなら、精神科医での受診が原則です。そして、ストレスなどが原因となって胃潰瘍や心筋梗塞などが生じた場合は、心療内科医が第一選択肢になります。そのほか、腹痛をはじめ便秘や下痢も多い症例ですが、血液検査や画像検査で一定の体調異変を判別できるものが、心療内科医の担当になり、力を発揮してくれるのです。一方、医師によりましても治療に対するスタンスはそれぞれ違いますから、担当医との相性も加味して、通院先を選ぶことが欠かせません。特に、患者の悩みを我がことのように寄り添う医師と、一定の距離を置いて客観性を重視する医師では、診察や患者に対する接し方も自ずと異なります。心の病を治すには医師と信頼関係を築くことが不可欠なため、いくら腕の良い医者でも違和感があれば、治療効果を期待できないケースが少なくありません。うつ病の治療では医師との接し方も重要なエッセンスですので、治療方針や接し方に納得できる病院を選びましょう。実際に通院先を決める時は通いやすさも外せない選定基準ですが、もしも周りの人に知られたくない場合は、お勤め先近くの病院は避けるなど、立地にも配慮した方が賢明です。その上で治療に専念するための長期療養や、その後の仕事復帰なども視野に入れておき、職場との応対も積極的にサポートしてくれる病院を探しましょう。また、それらとは別の基準として、診察の予約が入れやすい病院を選ぶこともポイントになります。うつ病は医師の下で治療中でも症状が変化する場合がありますから、予約が取りやすければ、すぐに治療を受けられるので安心です。さらに薬を処方する際、効果などを分かりやすく案内してくれることも、病院選びの基準に加えておきましょう。

To Top