うつ病の正しい知識を知ろう|疾患者との接し方が分かってくる

身近な人が出来る事とは

男の人

焦らずゆっくり前に進もう

身近な人がうつ病を発症している場合、その周りの人は時として接し方について戸惑いを感じてしまう場合があります。ちょっと声を掛けただけでもひどく落ち込んでしまったり、感情的になってしまったりしている姿を見ると、本当にこの接し方で良いのだろうかと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。実はそんなうつ病には正しい接し方があります。正しい接し方をする事で、症状を改善したり、進行を抑制したりする効果があるので是非しっかり覚えましょう。具体的にはうつ病を発症している人には安心感を与える事が大切です。その為、相手を否定したり不安をあおったりする様な事は言わず、全てを受け入れてあげる事が大切です。また、うつ病は気分の落ち込みが激しかったり、やる気が起きなかったり様々な症状が出てしまう病気です。ついそれを見ると周りは頑張れと声を掛けたり、どうしてそうなってしまったのか追及したりとしてしまいます。しかし、その行動は症状を悪化させてしまう恐れがある為、行ってはいけません。この病気は真面目な人や頑張り屋の人が発症しやすい傾向にあります。頑張れ頑張れと応援したくなってしまいますが、うつ病の人にとって応援はストレスでしかありません。これまで頑張ってきたのに、まだまだ頑張りが足りないのか、もっと頑張らないといけないのかと絶望感が生まれたり、頑張り屋の性格だからこそ、その言葉がさらに大きな負担になったりしてしまう場合もあるでしょう。周りの人はこれまでの本人の姿を知っているからこそ、早く元気になってもらいたい、応援すれば頑張ってくれるのではないかと考えてしまいます。しかし、うつ病は脳が機能障害を起こしている状態であり、ストレスなど様々な要因が重なって起きてしまう病気です。周りからしてみれば何気ない応援の言葉であっても本人は重く受け止めてしまう場合もあるので、心の負担を少しでも軽くしてあげる事が出来る様に接する事が大切です。人それぞれ症状が異なりますが、軽そうな症状であっても実は深刻な症状のものもあるでしょう。素人判断では分からない部分があるので、きちんと病院に行って治療を行う事が大切です。治療を行う場合は精神科や心療内科で治療を行いますが、うつ病の人の場合、病院に行く事さえ嫌がる人も多くいます。本人に治療の意欲が無ければ治療を受ける事が出来ませんし、無理に連れて行くのも逆効果です。まずは本人が行きたいと思える様な環境づくりをしていきましょう。なぜ治療が必要なのか説得するのでは無く、本人が納得する様な話し方をする事が大切です。自尊心を傷つける事無く、家族が心配している事、大切だからこそ治療を受けて欲しいと言う気持ちを伝えることが大切です。その際も、決して周りの人は焦りを感じてはいけません。ついつい早く治療させないとと周りの人が焦ってしまいがちですが、うつ病の知識を深める事で、この病気はこういう物だと言う事を知る事が大切です。治療には時間が掛る事、説得では無く納得させる事など、きちんと頭に入れておく事で、いざその様な状況になった際も焦らずに対処する事が出来るのではないでしょうか。この病気は誰が発症してもおかしくない病気です。知識を身に付ける事でもし身近な人が発症したとしても備える事が出来るので、是非しっかり覚えておきましょう。

To Top