うつ病の正しい知識を知ろう|疾患者との接し方が分かってくる

身近な人が出来る事とは

男の人

大切な人がうつ病を発症してしまうと周りは早く治してあげたいと焦りを感じてしまいます。しかしその焦りが症状をさらに悪化させてしまう場合もあるでしょう。周りの人は病気を受け入れ見守る事が大切です。正しい接し方を覚えて早期解決を目指しましょう。

もっと読む

家庭でみせる症状の意味

男性

うつ病と診断されるといよいよ治療が始まります。病気の回復には周囲の人が大きな役割を担っており、人間が本来もっている温かさを持った接し方こそが、うつ状態の人を回復に導くことが可能です。家族がそばにいるだけでも大きな意味を持ちます。

もっと読む

治療に適した病院へ通おう

カウンセリング

現状では精神科と心療内科のどちらでもうつ病を診てくれますが、正しくは血液検査などで識別できない精神症状は精神科へ行き、それ以外は心療内科で治すのが基本です。そのほか、病院を選ぶ場合は、医師の接し方や予約の入れやすさなども基準に加えましょう。

もっと読む

正しく接して治療を助ける

婦人

段階に合わせて接する

うつ病は、強いストレスや悩み、疲労などが蓄積することで身体的および精神的に様々な不調を呈する病気です。症状の程度や内容は個人差があり、うつ病と気付かず何とか日常生活を送る人から体を起こすことさえままならず何もできなくなる人まで様々です。うつ病の難しさはまずうつ病と診断を受けるところから始まりますが、その次のステップである治療も時間がかかることがあります。うつ病の治療は、まず対症療法として内服薬を用いるのが一般的です。そうして日常生活を送れるようにしたあと、カウンセリングなどを通して成功体験を積み、根本的な問題解決を図ります。しかしこれだけでは時間がかかりますし、日常生活を送る上で周囲の理解や正しい接し方がないと改善どころか悪化してしまう可能性もあります。治療の効率を高めるためにも、周囲の人たちが正しい知識と理解を持ち、接し方に気を付けることが大切です。うつ病の人に対する接し方は、以前は腫れものに触るような繊細で難しいイメージがありました。掛けてはいけない言葉、見せてはいけない態度、相手の心を気遣いすぎて結局何もできず見守ることも少なくありません。しかし、気を遣いすぎず社会の輪の中に一歩だけ引っ張り出す手助けをすることも必要で、その際に相手が踏み出せない理由を理解し、そこを埋めることが周囲の人にできる重要な役割です。うつ病の初期の段階では、本人は強い不安や絶望感、孤独感、虚無感などを感じています。社会から孤立し、自分には何の価値もない人間だと感じたり、家事や仕事で社会や家族に貢献できていない自分に嫌悪感を感じたりしています。この段階ではまず相手に寄り添い、独りではないことを認識させます。相手が移動できる範囲まで足を運び、焦らずに話を聞いてあげます。会話は本人が話すのをとにかく聞くことに徹し、こちらから話す場合は会社や遊びなど社会の輪に参加できていることをアピールしていると思われかねない話題は避けましょう。テレビや映画など、家にこもりがちな相手でも接することができる情報に限定します。会いに行けない場合は電話やSNSを通して会話するのも良いですが、できれば音声を使った方が良いです。次のステップとして、相手を外の世界に連れ出します。とはいえ相手が興味のないことに連れ出しても苦痛なだけですし、ましてやうつ病のときは今まで好きだったことや得意だったことにも興味をなくしている状態です。また、症状によっては外出すると過呼吸や冷や汗、腹痛が現れる場合もあるので、それらを踏まえた上で連れ出す先を考えます。長時間閉鎖空間に閉じ込められるような環境や人が多いところは避け、まずは近場のカフェや公園から始めます。何か特定の目的を持って連れ出すと、体調不良などでそれを達成できなかったときに失敗体験が積まれてしまうため、大きな目的を持たずに何となく出かけることが大切です。また外出中に体調不良などで予定がストップしても、相手が自分のせいでと落ち込まないよう接します。外食や買い物は、目的を持つ必要がなく気軽に出かけられて、お金を使うことで社会の輪に加わる感覚が経験できるのでお勧めです。外出できるようになったら、相手への接し方ももう少し深く関わることができます。相手が今何に悩んでいるのか、今後どうしたいのかを相談として聞き、具体的なアドバイスや自分の経験談を話します。このように、相手の今いる段階に合わせて接し方を変え、社会復帰へのステップを支える意識が周囲の人には重要となります。

To Top